女子が腹筋を効果的に割るには

 

女子 腹筋 割る

BOSTYに通う芸能人は、魅力的な肉体をしていることが多いですが、それを見ていても女性が腹の筋肉を割るにはどうしたらいいのかわからない人もいます。

 

これはいったいどのような方法で割ったらいいかといえば、男性も同じに成りますがとにかく運動して無駄な脂肪を減らすことが重要になります。

 

ただ、漠然と運動しているだけで体脂肪がなくなるわけではありません。
多くの人は、体脂肪を減らす時にとにかく動けばよいと考えている人もいます。

 

確かにずっと家の中にいたり、一日中動かずいすに座っているよりも毎日とにかく歩いたりジョギングをする方が体重が落ちやすいのは間違いありません。

 

しかしながら、毎日体重を落とすだけの消費カロリーを運動だけで消費できるかといえば、まずそのようなことはないでしょう。

 

フルマラソンをしたとしても、1日に必要なカロリーの1500キロカロリー以上消費することはなくその1/3程度しか消費しません。
このように考えれば、単純に動くだけではなく食事制限をすることも重要になってくるでしょう。

 

食事制限に関しては、特に決まりはないもののたんぱく質の炭水化物そして脂質をバランスよく摂取することが重要になります。


 

腹筋を簡単に割るのにおすすめなトレーニングとは

 

女子 腹筋 割る

腹筋を簡単に割る方法などと書かれている本やインターネット上の宣伝などがありますが、そもそも脂肪がついて言えば簡単にはることはできません。

 

人間は、体中の体脂肪をすべてなくしてしまえば、だれでも腹筋を割ることは可能になります。

 

つまり、単に運動しただけではなく、体脂肪を落としながら運動することでより見た目が良くなる点をしておくべきです。

 

具体的な方法としては、トレーニングのおすすめとしてクランチで鍛えることです。

 

もちろん、腹筋運動したからといって必ずしも体脂肪が落ちるわけではなく、筋肉がつくだけになります。

 

よく、おなかのぜい肉を落とすには腹筋運動が良いなどと信じている人がいますが実際には腹筋運動をしたからと言っておなかのぜい肉が落ちません。

 

では腹筋運動は何のためにするかといえば、筋肉を膨らますために行っているだけです。

 

つまり、脂肪を減らすことと筋肉を膨らますことはまったく別にありますので、どれだけ厳しいトレーニングをしたからといって決して腹筋が割れるわけではありません。

 

何よりも、相撲取りの体を見たらわかりますがかなり筋肉があるにもかかわらず、腹筋が割れていないのは体脂肪がたくさんついているからです。


 

体脂肪率と食事について

 

女子 腹筋 割る

体脂肪率に関しては、腹筋をあるため20%未満にしておかなければなりません。

 

平均的な女性の場合には、25パーセントぐらいの体脂肪になっていることがほとんどです。

 

人によっては20パーセントを切っていることもありますが、基本的に男性に比べると数値が大きくなりやすいのが女性の特徴になります。

 

そこで、腹筋運動をするかたわらダイエットをしていくわけですが、食事の時にはたんぱく質を可能な限りとることにより筋肉を増やすことが可能になります。

 

ただ先ほど述べたとおり、たんぱく質だけをとってもあまり意味がありません。
なぜなら、人間の体はバランスでできており一つのものだけ集中してとったとしてもタンパク質を生かすことはできません。

 

炭水化物と脂質なども同じぐらいとることでようやくたんぱく質の摂取が筋肉に効果を及ぼします。

 

つまり、プロテインばかり飲んでいても動物性や植物性の脂肪などが含まれていなければあまり効果を得られないことが理解できるでしょう。

 

バランスよく撮るためにはどうしたらよいかといえば、毎日の食事を計算することが必要です。

 

日本人は3食を口に入れることが多いですが、あえて1食や2食にした方がバランスがとりやすいです。

 

特に、2食は様々な栄養を入れることが可能です。


 

短期間(1カ月)で女子の腹筋を割るメニュー

 

女子 腹筋 割る

短期間で女子の腹筋を割るためにはどのような方法が必要かといえば、まずお腹の脂肪がどれだけついているかが問題になります。

 

期間が短ため十分に効果的な運動をしなければいけません。

 

まず食べ物に関しては、全体的にバランスよく食べると同時に食べる量自体を減らすことが必要になります。

 

例えば、今まで3食で2000キロカロリーの食事をとっていたとすればその半分の1000キロカロリーまで減らしてみましょう。

 

朝食を抜くこととお昼ご飯を少なくすることでこれを実現することは決して難しくありません。

 

もちろん何度も述べるように、ローカロリーのものだけを食べていても意味がないです。

 

例えば、女性にありがちな食事としてサラダとおにぎりだけの人がいます。

 

確かに糖質は少なくカロリーは低いのですがその中にたんぱく質がほぼ含まれていませんので筋肉を増やすことができないだけでなくバランスが悪いです。

 

食事をしたはずなのに、余計に太ってしまうことがあるのはそのためです。

 

その一方で、運動は毎日腹筋10回を10セットおこなうことと、有酸素運動を行い余計な脂肪分を減らすことが必要になります。

 

有酸素運動をすることにより、体の中に入っている脂肪を減らすことができ、よりきれいな腹筋を見せることができるでしょう。